tibori.com

2005年2月26日 Category: 起こった

学校に行くと、なんかいつもと違う雰囲気。
あれ?と思うと、学生服を着た高校生がちらほら。

・・・ああ~。今日は2次試験の日なのね。
どうりで校門のとこで不動産屋さんがビラ配りしてた訳だ。

そっかー、もう俺が受けたのは3年も前になるんか~。
つい最近の気がするのになー・・・。

 当時、僕が2次試験受けたときはなぜか全く緊張しませんでした。
決して余裕という訳でなく、成績的にはギリギリだったんですけど、センター試験で吹っ切れたのか、なぜかリラックスして受けれたのを覚えています。
かなり周りを見回す余裕もあったくらいでした。
 で、特に印象的だったのは、前に座っていた人。
かなり大きなアフロヘヤーで、問題を解くより、どうしてもその頭にばかり注意がいってしまい
「うわー・・・。頭どうやって洗うんじゃろ・・・。寝たら頭わっしゃわしゃになるで・・・。」
なんて考えてしまってました。
 あ、だめだ、だめだ試験に集中しなきゃ!と自分に言い聞かせなんとか問題を解き、その後なんとか合格することができました。
(ちなみにそのアフロ君は落ちてました)

そんなことを懐かしく思いながら、校舎の中を歩いてたら突然先生らしい人に呼び止められました。

「こら、受験生はここからははいっちゃダメだぞ!」

僕はまだ受験生に見えるのね・・・( ´ω`)。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です