tibori.com

2006年1月7日 Category: 読んだ Tag: ,


プロダクトデザイナー深澤直人さんのデザイン哲学が
これ以上ないほどに詰まった一冊。
優しい語り口と作品の写真から
彼の主張する『ふつうであること』『考えないこと』がじわじわと伝わってきます。
読んだ後には、今まで使っていなかったような感覚の触覚が働き出して、違う側面からデザインを見れるようになれるでしょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です