tibori.com

2007年7月29日 Category: 行った Tag: ,

東京都現代美術館で開催中の
「ジブリの絵職人 男鹿和雄展」を見てきました。

ジブリ作品で多くの背景画を描いてきた男鹿和雄さんの
展示会で、ジブリ作品を中心に600点もの背景画が展示されてます。

展示されてる背景画には、キャラクターが描かれていないのに、その背景画を見た瞬間、ストーリーが頭の中に流れてくる。

「おまえん家、おっばけや~しき~!  カンター!!」

「何よあの天気予報は!」

背景だけで、記憶を呼び起こすのってすごい。
それだけジブリの作品は背景の力が強いってことかですね。

ストーリーが頭に流れるたびに、ずーっと見入ってしまいました。

Comment

  1. 百合子 より:

    はじめまして!!お勧めウェブサイト:http://www.bbbcc.net/?xiaご覧ください。

  2. magazinn55 より:

    突然ですが、もし、さしつかえなければ、私のサイトに、あなた様のブログを登録していただけないでしょうか。ランキングを楽しんだり、さまざまなブログを拝見したり、ブログライフの引き出しとして、お願いできないでしょうか。こちらのサイトです。是非、御願いします。http://www.p-netbanking.jpよろしく御願いします。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です