tibori.com

2008年3月17日 Category: 行った Tag:

土曜日、青山ブックセンターで行われたデザイナー高橋正実さんの講演会
『工場へ行こう!!~可能性を広げる特殊印刷の現場~』
を見に行ってきました。

高橋さんは様々なグラフィックやモノのデザインをされている方で、
最新の印刷技術を使用して、おもしろいアイデアで幅広くデザインをされている方です。
学生時代から、印刷工場に足を運び、工場長や社長さんに技術などを伺い
色々な印刷技術、最新技術を目の当たりにしていたそうです。
10代の時から、そこまで多く工場に足を運んでるのはすごい行動力です。

今回は、雑誌「デザインの現場」に連載されていた「工場に行こう!」のコーナーをまとめた本の出版記念のトークショー。工場に行ったときの裏話や、印刷の最新技術。そして、その最新技術を使って提案したデザインのお話を伺えました。
 角度によって見え方の変わる印刷。食べられる印刷。
日本のモノづくりにこだわる職人のおじさん達と、突飛なおもしろいアイデアを提案する若いデザイナー高橋さん。
この一見、相反する2組が、コラボレーションすることで、
実に面白いデザインが完成されてました。

・卵焼きに柄を印刷する。
・水面に印刷する。
・手袋に銅線を印刷して電気を流す。

“印刷”とは思えないほど多彩な作品たち。
スライドショーを見ていて思わずワクワクしてしましました。

モノづくりの国ニッポンとよく聞きますが、
改めて、ニッポンの技術力を再認識した、講演会でした。

Tags:# 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です