tibori.com

2008年10月18日 Category: 知った


先日、「Touch Diamond」を購入致しましたー。
Touch Diamondはイーモバイルのスマートフォン。
定額で高速なインターネットが楽しめる端末です。

話題のiPhoneもいいんですが、
僕がTouch Diamondの方を選んだ理由は3つ。

・iPhoneより安い定額料金
・無線LANルーターとして使える
・最大7.2Mbpsの高速通信

iPhoneはもちろん素敵な端末だと思いますが、やはり値段がね…。
もうちょっと安ければいいなぁと思うけど。

で、Touch Diamondの一番の売りが、この無線LANルーターとして使えるということ。
Touch DiamondとパソコンをWi-FIでつなげてインターネットをすることが可能になります。
ということは、僕がこの前、購入した、MacBook Air。
MacBook Airと、このTouch Diamondがあれば、
気軽にパソコンを持ち運び、どこでもネットに繋げて使えるということ^^
Touch Diamondが発売されるという噂を聞いた時から、このMacBook AirとTouch Diamondのコンボを考えてました。

ということで、シェアソフトである「WiFiRouter」をインストールし、
モバイル無線LAN環境を構築し、早速それをインストールして使用してみました。

おおー。思った異常に快適^^
結構サクサクとネットサーフィンが行えます。
7.2Mbbsはさすがに無理ですがWi-Fi接続で2~3Mbpsくらいはでました。
普通にネット使うのには十分ですね^^

ただ、WiFiRouterを使ってるとTouch Diamondが信じられないくらいの熱を帯びてしまいます。
50度くらいはあるでしょうか…
ちょ、、、大丈夫かな。壊れないかな^^;
ルーターとして使用するとバッテリーの消耗も尋常じゃなくて、
2時間くらいで、すぐなくなってしまいます。
バッテリーをもう1個買って、最低でも2個のバッテリーを
ルーティンで使っていかないと、1日はもたないなぁ。

で、Touch Diamond自体の使い勝手ですが、
正直MacBook Air専用の無線LANルーターにしてしまおうと考えていたので、
購入前は、あまり使い倒すことは考えていませんでした。とりあえず、ネットにつなげればどうでもいいや、と(笑。
Touch Diamondはボタンのないタッチスクリーンを導入してるのですが、
このタッチスクリーン。どうせ使いにくいんだろ…ひどいインターフェイスなんだろ…、と勝手に決めつけてました(笑

で、実際使ってみると・・・あれ、そこまで悪くない^^
画面がiPhoneに比べて小さいので、若干押しづらい場面はありますが、
その分、片手で操作できるのが結構快適。
iPhoneだと、画面のズームの2本指スワイプなど両手を使って操作することを考えられてますが、Touch Diamondはほとんど親指で操作するように考えられてますので、片手で気軽に操作できます。ですので電車の中で、ネットを見るのは割と快適です。

カフェなどの落ち着けるところでは、MacBook Air+Touch Diamond
電車などの移動中はTouch Diamondだけで、
とシーンによって使い分けるのがいいかも^^

これで、イーモバの電波が遠く範囲なら、
どこでも使えるようになったぞー。
早速カフェとか色々なところで使ってます~^^

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です