tibori.com

2009年12月29日 Category: 試した Tag: , ,


iPhoneに「Kindle for iPhone」をインストールしてみました。
Kindle for iPhoneは12月14日にリリースされた電子書籍閲覧アプリ。
いつのまにか日本でも発表されてたみたいで、今日知りました^^;早速起動してみると、最初にアカウント入力画面。
日本のAmazonアカウントは使えないみたいで、新たにAmazon.comのアカウントを作ることになります。

電子書籍はアプリからSafariを通して購入することが可能。
ただ、もちろん日本の書籍はまだ対応してませんので、
購入出来るのは洋書のみです。
Kindle版は紙の書籍より、印刷代や配送料などがかからない分、20%~30%価格が安くなっているみたいです。

で、書籍の個別ページを見てみると、
「Try a Sample」
というアイコンが下にありました。
どうやら一部サンプルを見ることが出来るみたいなので、試しにダウンロードしてみました。

見てみると…え?すごい!100ページくらい見れるよ…。
こんなに読めていいんだろうか…(笑)

肝心の電子書籍の画面ですが、文字だけのシンプルなつくり。
指でツイーっとなぞってページをめくる感じで、非常にサクサク軽快に見れます。
思った異常に快適。
実際体験してみると、これは確実に紙の書籍から電子書籍へと移行する時代が来たんだなー、と実感しました。

普段、ScanSnapで書籍をデジタル化してる身としては、電子書籍が普及するのは非常に待ち遠しいです。

日本ではまだ出版の世界のアレやコレやで対応が遅れてますが、
早く対応して欲しいです。
実現したら、紙の本買うことがだいぶ減るだろうなぁ。

でも、この電子書籍はやっぱり「テキストデータ」って感じで、
見た目は少し寂しいですね。
日本の書籍が電子化されたときは、縦書きとか改行、行間とかはどうなるんでしょうか。

何度も読み返したくなる本などは、電子書籍が普及しても、まだ紙のままで買っちゃうだろうなぁ。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です