tibori.com

2017年6月4日 Category: 行った Tag: , ,

瀬戸内海の犬島に行ってきました。

犬島は直島と同じように、ベネッセがアートで島おこしをしている島。
前々から行きたかったんですけど、やっと行けましたー。

宝伝港 犬島行き フェリー乗り場
犬島へは岡山川からは、宝伝港からフェリーで行きます。
すごいこじんまりした港で、フェリーも割りと小さめ。

犬島港

犬島へは10分もかからないくらいで着きます。
すぐ着いた!すごい行きやすい島!

島の広さは歩いて回れるくらいの、小さい島です。

精錬所美術館チケットセンター

精錬所美術館のチケットセンター。
ここでチケットを買って美術館へ行きます。

タコ飯
美術館に行く前にお昼ごはん。
チケットセンターに併設しているカフェで食べました。
タコ飯のランチセット。
タコの味がご飯に染みておいしかったです^^

海岸線
カフェから見える景色。
瀬戸内海が眺められて綺麗です。

遠目に見える精錬所美術館
海沿いを歩いていくと、遠目に精錬所美術館が見えてきます。

犬島精錬所美術館

精錬所美術館 看板

入口の看板。
錆びてる感じがかっこいい。

犬島美術館は銅の精錬所跡を改築して作った美術館。
1925年に廃止され、その後約90年くらいそのまま放置されたままだったんだとか。
そこをベネッセが買い取って美術館にしたのがこの精錬所美術館。

この建物跡にあるレンガは、銅の精錬の時にでる廃棄物から作ったものらしいです。
だからこんなに黒いんですね。
銅が混ざってるからこんなに長い間放置されても残ってるのかもしれないですね。

島の人に聞いたらこのレンガは、夏場は太陽の光を吸収してフライパンみたいに熱くなり、
冬は冷気を吸収してキンキンに冷えるらしいです。

精錬所の煙突。
煙突効果で、自然のエアコンになるらしいです。
夏でも冬でもエアコンなくても快適らしいです。

 

発電所跡。

至る所に朽ちたレンガづくりの建物がありました。

犬島「家プロジェクト」

島の中には、色々なところにアート作品が点在しています。

S邸

S邸外観
円形のレンズが吊るされています。
太陽の光に反射してキラキラして綺麗でした。

A邸

A邸外観
A邸の花

カラフルな花が吊るされています。
これが一番見たかった!

A邸の花

ガラスのショウウインドウが円形で出来ていて、
内側に入ってぐるっと見る事ができます。

A邸の花

カラフルな花が神秘的で綺麗でした。

Ukicafe

島を歩いていたら、かわいいカフェがあったので入ってみました。

Ukicafe外観

マーマレードアイス

アイス美味しかったです^^

 

 

犬島は船で10分で行けるので行きやすく、
島自体も数十分で回れるくらいなので、すごい見やすい島でした。
歩いてたらそこらじゅうにアートがあるので、非現実的な雰囲気ですごい良かったです。

道端にカニが歩いてた(笑)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です