tibori.com

2007年10月31日 Category: 行った Tag:

D&DEPARTMENTでフライターグ兄弟とナガオカケンメイさんの公開インタビューを見てきました。

フライターグ兄弟は、スイスのデザイナーで、
トラックの幌・廃車のシートベルト・自転車のインナーチューブなどをリサイクルして作ったバッグ「FREITAG(フライターグ)」をデザインされてます。

FREITAGの素材は元々、トラックで実際に使われてた使用済みの幌。
つまりリユース。だから、かなりエコなバックです。
幌をカッティングする場所によってバッグのデザインが変わるので、全く同じデザインのバッグはないかもしれません。
同じ素材がカタチを変え、他のモノに生まれ変わり、違う人の手に届き、長い間使われていく。
素晴らしいデザイン、無駄のない美しいビジネスモデルです。

フライターグ兄弟はスイスらしく穏やかなお二人でした。
ファッションの世界は季節ごとにどんどん新しい商品が生まれてくる世界。
その中で、流行に流されない、長く愛される定番を作っていく。
素敵なモノづくりです。
それが本来のモノづくりのカタチかもしれないですね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です