tibori.com

2008年5月28日 Category: 行ってみた Tag: ,

下北沢にある、「440」っていうライブバーに行ってきましたー。
ライブハウス的なものにいくのは初めてだったのですが、
いやー。よかったです。え?見たものですか?”つるべ”ですよ。つるべ。

笑福亭鶴瓶の『落語』ですよ。

『落語』は前から生で見たかったんですよね。
初めて見るなら、やっぱりつるべさんかなと。
いきなり米朝や春團治は敷居が高いかなと思ったのでw。

今回行ったのは、50~60人くらいが入れるくらいの小さなライブバー「440」。
普段はミュージシャンなどが演奏をするであろう舞台の上に、高座が作られていて、
そのステージで鶴瓶さんと、あと若手落語家3人の方が落語されるというイベントです。

オープニングは鶴瓶さんのフリートーク。一人喋り。
その後、若手落語家3人がそれぞれ1ネタを行い、
トリに鶴瓶師匠が2ネタ(創作落語と古典落語)

やっぱり鶴瓶師匠のしゃべりは最高ですね。
鶴瓶師匠の真骨頂と言えば、やはり”私落語”(創作落語)。
落語と言うと、江戸時代とかの話を想像すると思いますけど、
鶴瓶さんの私落語は、現代の話。しかも身近で起きた出来事をおもしろおかしく落語にしたものです。
今回のネタは、鶴瓶師匠とマネージャーの話、「琵琶を弾く観音像」。
鶴瓶師匠とマネージャーのいたずらの掛け合いが面白く、
夢中で笑ってしまいました。

客層も10代くらいの若い人から、80代くらいのお年寄りまで、幅広い方が来てました。
こんな幅広い世代の人を、笑わせ夢中にさせる、鶴瓶師匠の喋りの技術はすごいですね。
また見に行きたくなりました^^

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です