tibori.com

2010年6月20日 Category: 行ってみた Tag: ,

鶴瓶の高座
先日、原宿のアコスタディオで行われた、
笑福亭鶴瓶「らくごのおけいこ」を見てきました。このイベントは、笑福亭鶴瓶さんが公開で落語の稽古を披露するというもの。
70人くらいしか入れない小さな会場で行われました。

このイベントの面白いのところは、代金は「完全後払い制」
見終わった後に、お客さん自身が払う金額を自由に決めていい、というもの。
終わった後、渡された封筒に好きなだけ代金を入れて渡す、というシステムになってます。
仮に0円でも問題ない、と言ってました。

ライブは、
最初にフリートーク、
その後に落語、という形でした。

鶴瓶さんのトークはテレビとほとんど同じような感じ。
その喋りにグイグイ引き込まれました^^

落語は3席披露してくれて、

1つめは妖怪の出てくる、古典落語。

2つめはタクシードライバーをやっている高校の同級生との、偶然の再会を基にした創作落語。

でした。

15年ほど前、「ざこば鶴瓶のらくごのご」という番組がありました。
笑福亭鶴瓶、桂ざこば、とゲストに1人噺家さんを呼んでの落語番組。
その番組の中で、即興で落語を作るコーナーがありました。
お客さんに適当に3つお題を出してもらい、その場で落語を考え、披露するというもの。
その場で即座に考えるものですから、
もちろんうまくいかない事も多々あります。
ざこばさんがウーウー悩んだり、鶴瓶さんが無理矢理お題をねじ込んだりと、かなり面白かったです(笑)。
僕も当時すごい好きで、毎週かかさず見てました。

その時やっていた「即興落語」
3つめの落語は、その「即興落語」を披露してくれました!

まさかあのらくごのごが、ここで見れるとは思わなかった(笑)

最初に、会場にいるお客さんにお題を出してもらいます。
お客さんから出てきたのは、

・W杯
・胃カメラ
・エリマキトカゲ

という3つのお題。

即興落語 W杯・胃カメラ・エリマキトカゲ
なんというバラバラ(笑)

どうなるかと思いましたが、見事に即興で落語を完成させてました。
まぁ、かなりかなり強引にねじ伏せてましたが(笑)

こういう面白いことをどんどん取り入れていく鶴瓶さんはすごいですね。
伝統のある落語に、どんどん新しいものを取り込む鶴瓶師匠はホント尊敬します^^

いやー。格安で鶴瓶さんの落語が見れるのはホント得した気分でしたー。
今回のイベントは、どうやらmixiの笑福亭鶴瓶コミュでのみ告知されたみたいで、簡単に予約出来たので結構穴場です。
数ヶ月に1回くらいのペースで定期的に行われてるみたいなので、
興味ある人は是非チャックしてみてください^^

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です